JOHNNY WINTER「狂乱のライブ」

up_9156

ジョニーウインターの兄貴の「狂乱のライブ」
先発の「アンド・ライブ」と双璧を成す、名ライブ盤だ。

とにかくジャケットが素晴らしい。
初めて目撃したのは中学生の頃、級友の姉さんの部屋。
その瞬間、既に音まで聴こえてきた。
これは絶対けしからんロックだ!と思い、

借りて聴いたら、ぶっ飛んだ。
オープニングのボニーモロニーからラストまで一気に聴けます。
フェイザー掛けっぱなしの白いファイヤーバードを弾きまくる姿は、神鬼。
激しくも美しい。これぞロックンロール。

何々っぽいロック、ではなく、まさにロックンロール。
豪快なスライドギターも鳥肌ものだ。更に、歌も良いのだ。

70年代頃のキャッチフレーズは「100万ドルのギタリスト」。
$ですから。やくざで南部な雰囲気たっぷりでGOOD。
「〜の神様」「〜の王様」よりインパクト強し。

1990年に来日予定されて、チケットもGETした。
絶対に、けしからんライブに間違い無いと確信したが、
敢え無く来日中止。実に残念だった。

当時はジョニーに憧れて、ファイヤーバード1を使用していた。
オープンチューニングでスライド専門機のヤンチャな奴だった。
一度ジャケットをLPサイズでご覧あれ。
顔、完全にいっちゃってます。

あ、くたびれた親父や、ひ弱な子供は聴かない方が良いです。
責任持てません。申し訳ない。

最近は残念ながら体調も万全ではなく、視力もほとんど無いらしい。
しかし、ジョニーの魂は多くのギタリストに受け継がれているぜ。
God bless you.
[2007-11-05 投稿]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中