The Pirate Song

up_20049

1975年「ラトランド・ウィークエンド・テレビジョン」。
思わず笑ってしまった、ジョージ・ハリソンのTV show。
「My Sweet Lord」の盗作問題の最中の頃でしょう、
自身をパロディにして歌う「The Pirate Song」。
海賊の歌、または著作権侵害者の歌、という意味でしょう。

詳しい内容は書きませんが、しっかり騙されました。
イントロのスライドギター&ペダルスティールのハーモニーが、
絶妙なオンチ加減でカッコいい。

http://jp.youtube.com/watch?v=pSIjlUMV6Is

ラトランド・ウィークエンド・テレビジョンは、
イギリスBBC放送のモンティ・パイソンで著名な、
エリック・アイドル等が手掛けた番組。
この後、ビートルズのパロディバンド、
あの「ザ・ラトルズ」が誕生する。

「オール・ユー・ニード・イズ・キャッシュ~金こそすべて(四人もアイドル)」
子供の頃見たのは、確か夜中の東京12チャンネルだったような・・・。
色々な国々の、多くの人々を笑わせる。
コメディアンは偉大です。
[2008-04-02 投稿]

ジャック&ボビー

up_8213

ジョン・F・ケネディは、43歳の若さで、第35代合衆国大統領となった。
そして、昨日11月22日は、1963年にジャック(愛称)が、
ダラスにてパレード中、暗殺された日である。

ジャックは、個人的に大変影響を受けた人物のひとりである。
もちろん、政治家を目指している訳ではないので、
人間として尊敬している。

発想力、行動力、アイディア、そして演説等の発言を通してのカリスマ性。
マフィアとの癒着の話しも、ちょっとワルなところも好き。
女好きなところもね。

キューバ危機、その他、フルシチョフ書記長とのやりとりも、
緊張感の中にもユーモアセンスに溢れている。
政治家としてのセンスの良さは、
他の追従を許さないのではないだろうか。

当時司法長官だった、実弟のロバート・ケネディも好きだ。
ケネディ大統領のバックで、実際に動いていたと思われ、
その手腕には驚かされる。

当時ケネディが夢中になっていた有名女優に、
別れ話しを持ちかけに行ったが、
その魅力に虜になってしまった、おちゃめな一面もあるボビー君。

惜しくも、1968年に兄同様、謎の暗殺死を遂げた。
ジョン・F・ケネディのような魅力ある政治家の出現は、
すべてにおいてクリーンな存在が求められる、
今の時代が許さないのであろうか。
[2007-11-23 投稿]