Steve Marriott

up_5906

ロック・ヴォーカリストで影響を受けたアーティストの一人。
A.フランクリンやT.タナー等を彷彿とさせる、
黒人女性的なハイトーンのヴォイスは最高だ。

スモール・フェイセズ、ハンブル・パイ、ソロ〜と、どの時代もGood!
火事で亡くなる少し前に、
渋谷クラブクアトロにて来日公演が予定されていて、
早々にチケットをGETした。

しかしライブ当日、会場の貼り紙前に呆然とした友人Kが・・・
「事情により公演は中止となりました。」
皆で暫くボーゼン。。。ドタキャンだぜ。
やってくれたぜ。さすがスティーヴ。

こんな伝説もありました・・・
後にジェフベックの1stに収録された、
ベックス・ボレロの録音に参加したジェフ・ベック(G)、
ジミー・ペイジ(G)、ジョン・ポール・ジョーンズ(B)、キース・ムーン(Dr)、
ニッキー・ホプキンス(Key)でバンドを結成するという話があった。

そのヴォーカル候補は、スティーヴ・マリオットとスティーブン・ウィンウッドだった。
しかし、ヤードバーズやザ・フーのツアーが決まってしまい、ニューバンド計画は流れた。

その幻のバンドの名は「レッド・ツェッペリン」。
・・・先日のイベント内での、R&Rクイズでもあったが、
名付け親はキース・ムーン。

どこまでが本当の話しだかは不明。
凄いメンバーだが、ロバートとボンゾの居ないZEP・・・。
まったく別のバンドになったであろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中