Burns Jet-sonic

up_15089

前から気になっているエレキギター「Burns Jet-sonic」
去年の暮れか、たまたま立ち寄った楽器店で、一目惚れ。

60’s風のルックスが何とも愛らしい。
その場で試奏してみましたら、なかなか骨太な音。
このチープな見た目からは想像出来ません。

思えば、バーンズ・ロンドンのギターを弾くのは初体験。
確かに、シャドウズのような硬質なシングルサウンドであった。

up_15090

どうですか、このマンガ・キッドボックス(古くてゴメン)の、
スーパースリー的な、レトロかつ近未来デザイン。

イタリアのデザイナーが携わったようなので、
どことなくイタリアン・カーの雰囲気もある。
ブルー&オレンジのカラーも斬新!ロゴの入り方もカッコいい!
現代のハイファイサウンド的ギターや、家具調木目ギターが苦手なので、
こんなB級ギターを発売した、バーンズには今後注目します。

日本では使用者を、まだ見かけませんね。
しかし最近、更に気になるエレキがある。。。
今度、逢いに行こうか。
[2008-02-18 投稿]

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中