Feels So Good

ご存知 チャック・マンジョーネ
1977年のヒットナンバー
Feels So Good

子どもの頃、
良くラジオから流れていて、
タイトル通り、
とても気分が良くなったナンバーです

フリューゲルホルンは、
この曲で初めて知りました^^
しかもギタリストは、
グラント・ガイスマン

気持ちの良い音楽を、
再開できる時が訪れますように☆

[2021-01-19 投稿]

More Guitarist

今まであまりご縁の無かった方や、
数曲しか聴いた事のなかったギタリストを、
このところ良く聴きます

いやはや、
今まで良く聴かなかったのが惜しいと思うほどの、
素晴らしいギタリストがいっぱいです

スケールの使い方はもちろん、
コードトーンの選び方など、
「音」を採ったり、探ってみると、
とても影響を受けそうです

ライブ本番で、そのアイディアが出るのか、
アウトプットをご期待ください^^

[2020-11-28 投稿]

GRECO MRn

8月〜9月にアップした、
スタジオ動画にて使用したエレキギター、
グレコ MRnのご紹介です。

1975年にグレコ MRとして発売され、
2012年に現代的にブラッシュアップされ、
「MRn」として復活したものですが、
現在は再び生産中止になってます。

再発モデルは、
サンバーストやシースルーブルー等、
いろいろなカラーが出ましたが、
ブラックのみに絞り、しばらく探してました。
既に生産中止モデルでもあり、
なかなか出物がないので諦めていたところ・・・

遂に今年の6月頃に状態の良いものを見つけて、
すぐに北海道から送っていただきました。
ほとんど使用した形跡がないエクセレントな逸品で、
バックプレート等には新品時のビニールがついたまま、
ネックや電気系統も問題なく、即実践機決定です。
しかもブリッジが、グラフテックResomaxで、
ピッチのストレスが無くベリーグッド。

1977年製のオリジナルMRを
数年前まで所有してました。
※写真のサンバーストMRです

所有していたオリジナルMRは、
使い勝手がいまいちで、ブリッジの変形もあり、
手放してしまいましたが、
ダブルカッタウェイのこのフォルムが大好きで、
再発版のブラックMRnが見つかってラッキーでした^^

MRnはピッキングの反応性も良く、
ハムバッキングながらクリーンな感じで、
それほど出力も高くないので、
メインギターのレスポールJr.と持ち替えても、
トーンのバランスが取りやすいです。

なかなかライブ観戦をしにくい世の中ですが、
そのうちステージに登場します。
メイドインJAPANのグッドサウンドをお楽しみください:)

[2020-11-07 投稿]

Plutoneium Chi-Wah-Wah

Plutoneium_Chi_Wah_Wah

このエフェクターはワウワウです。
通常のものよりもだいぶ小型ですが、
なかなかの優れものです。

VOX、THOMAS、MORLEY、BUDDAなどの
ワウワウを使用しましたが、
ここ10年ほどは、Chi-Wah-Wahを
良く使用しています。

通常の使い方も良いですが、
ペダルを途中で止めて、
トーンコントロールとして使用するもの
趣きが深いですね。

また、長い音符だけにかけるもの、
なかなかクールなサウンドになります。

先日のオンラインレコーディングでも
活躍した逸品です。

「The Bargain Planet (お買得な地球)」

ワウワウの使い方によって、
ギタリストのセンスと個性が出ますね。
ファイト一発!

[2020-06-20 投稿]

Hot Cake & Tube Screamer

hotcake_tubescreamer

5月、6月とセッションライブの予定があったので
2軍用ペダルボードを再構築しました
レギュラーペダルボードの1/3サイズなので、
持ち運びにも便利でございます

約20年ぶりにTube Screamerを使いたくなり、
今回はミニサイズのものを選択
HOT CAKEのサウンドがグレイトなので、
ブースターとしても問題なく普通に使えます

なかなか先の展望が見えない世情ですが、
ここを乗り越えて元気にお会いしましょう

[2020-04-24 投稿]

Official Instagram

Lespaul_jr_1959_03

Gibson LesPaul Jr.TV 1959
ヘッド部分の写真です

こちらのスナップを
インスタグラムに掲載したところ
CHEAP TRICKのリックニールセン氏、
ご本人様から「いいね」があり、驚き桃ノ木^^

リックさんのインスタ写真には、
綺麗なTVカラーのジュニアが数本あり、実に眼福なり
流石、稀代のギターコレクターですな

当方の、1960年のチェリーレッドJr.は、
シルクスクリーンのロゴ(LesPaul)文字が、
ほとんど掠れてしまってますが、
1959年のこちらは未だ健在で、
(TV MODEL)の文字も良くわかります

インスタグラムは、
偶然のタイミングでの遭遇が全てなので、
また素晴らしい出会いがあることでしょう

[2020-03-23 投稿]

GRETSCH Rancher Penguin

gretsch_2020_0303_01

皆さんご存知、GRETSCHギターです
当方の周囲にはGRETSCHファンが多い

THE JAYPERS ヴォーカリストRIEが
ランチャーペンギンという
NEWグレッチを手に入れたようです

ヘッドの感じがホワイトファルコンと
そっくりで、なかなか趣きが深い

乞うご期待ください☆

gretsch_2020_0303_02

[2020-03-03 投稿]

Les Paul Jr. P-90 Pick Up

Lespaul_jr_1959_01

エレキギターには弦振動を拾う、
ピックアップというものがついてます。
代表的な物が、ギブソン系のハムバッカー、
フェンダー系のシングルコイルですが、
ギブソン系の中にもシングルコイルがあり、
それが「P-90」です (写真はドッグイヤーType)

当方のメインギター
レスポールジュニアには「P-90」が
1個だけ装着されています。
このピックアップが1個というのがお気に入りで、
2個装着されているレスポールスペシャルとは、
フロントにピックアップ用のザグリ(穴)が無いこともあり、
強度的にもトーン的にも違いがあります。

Lespaul_jr_1960_loic_01

THE JAYPERSのギターサウンドは
ほとんどこの「P-90」で出来てます。
LIVEやRECでは他のエレキギターも使用しますが、
基本的には「P-90」1個です。
なので、LIVEでは、ギター本体の
ヴォリュームとトーンの微調整を多用します。

感覚的な話しで恐縮ですが、
ギター本体のヴォリュームを絞ったときの、
歪みの残り具合が、イメージ通りに追従してくれます。
クリーン〜クランチをピッキングのみで表現、
コントロール出来るのも絶妙な逸品です。

・・・「P-90」とは、
プレイヤーのイメージを、最大限に表現してくれる、
とても音楽的で天晴れなピックアップなのであーる。

[2019-11-14 投稿]

Purple Color AC-30

先日のリハーサルで、
パープルカラーのVox AC-30を使用しました。
外装が違うのみで、
中身は通常のモノと同じようです。

自分が所有しているAC-30、
そしてBadCat ampも、
EL-84と呼ばれる真空管(パワー管)を
使用してます。大好きなTubeです。

Fender デラックスリヴァーブで使用している、
6V6というパワー管もVery Goodです。

真空管のお話でどうもすみません (*´ー`)ゞ

[2019-02-27 投稿]