Plutoneium Chi-Wah-Wah

Plutoneium_Chi_Wah_Wah

このエフェクターはワウワウです。
通常のものよりもだいぶ小型ですが、
なかなかの優れものです。

VOX、THOMAS、MORLEY、BUDDAなどの
ワウワウを使用しましたが、
ここ10年ほどは、Chi-Wah-Wahを
良く使用しています。

通常の使い方も良いですが、
ペダルを途中で止めて、
トーンコントロールとして使用するもの
趣きが深いですね。

また、長い音符だけにかけるもの、
なかなかクールなサウンドになります。

先日のオンラインレコーディングでも
活躍した逸品です。

「The Bargain Planet (お買得な地球)」

ワウワウの使い方によって、
ギタリストのセンスと個性が出ますね。
ファイト一発!

[2020-06-20 投稿]

Hot Cake & Tube Screamer

hotcake_tubescreamer

5月、6月とセッションライブの予定があったので
2軍用ペダルボードを再構築しました
レギュラーペダルボードの1/3サイズなので、
持ち運びにも便利でございます

約20年ぶりにTube Screamerを使いたくなり、
今回はミニサイズのものを選択
HOT CAKEのサウンドがグレイトなので、
ブースターとしても問題なく普通に使えます

なかなか先の展望が見えない世情ですが、
ここを乗り越えて元気にお会いしましょう

[2020-04-24 投稿]

Official Instagram

Lespaul_jr_1959_03

Gibson LesPaul Jr.TV 1959
ヘッド部分の写真です

こちらのスナップを
インスタグラムに掲載したところ
CHEAP TRICKのリックニールセン氏、
ご本人様から「いいね」があり、驚き桃ノ木^^

リックさんのインスタ写真には、
綺麗なTVカラーのジュニアが数本あり、実に眼福なり
流石、稀代のギターコレクターですな

当方の、1960年のチェリーレッドJr.は、
シルクスクリーンのロゴ(LesPaul)文字が、
ほとんど掠れてしまってますが、
1959年のこちらは未だ健在で、
(TV MODEL)の文字も良くわかります

インスタグラムは、
偶然のタイミングでの遭遇が全てなので、
また素晴らしい出会いがあることでしょう

[2020-03-23 投稿]

GRETSCH Rancher Penguin

gretsch_2020_0303_01

皆さんご存知、GRETSCHギターです
当方の周囲にはGRETSCHファンが多い

THE JAYPERS ヴォーカリストRIEが
ランチャーペンギンという
NEWグレッチを手に入れたようです

ヘッドの感じがホワイトファルコンと
そっくりで、なかなか趣きが深い

乞うご期待ください☆

gretsch_2020_0303_02

[2020-03-03 投稿]

Les Paul Jr. P-90 Pick Up

Lespaul_jr_1959_01

エレキギターには弦振動を拾う、
ピックアップというものがついてます。
代表的な物が、ギブソン系のハムバッカー、
フェンダー系のシングルコイルですが、
ギブソン系の中にもシングルコイルがあり、
それが「P-90」です (写真はドッグイヤーType)

当方のメインギター
レスポールジュニアには「P-90」が
1個だけ装着されています。
このピックアップが1個というのがお気に入りで、
2個装着されているレスポールスペシャルとは、
フロントにピックアップ用のザグリ(穴)が無いこともあり、
強度的にもトーン的にも違いがあります。

Lespaul_jr_1960_loic_01

THE JAYPERSのギターサウンドは
ほとんどこの「P-90」で出来てます。
LIVEやRECでは他のエレキギターも使用しますが、
基本的には「P-90」1個です。
なので、LIVEでは、ギター本体の
ヴォリュームとトーンの微調整を多用します。

感覚的な話しで恐縮ですが、
ギター本体のヴォリュームを絞ったときの、
歪みの残り具合が、イメージ通りに追従してくれます。
クリーン〜クランチをピッキングのみで表現、
コントロール出来るのも絶妙な逸品です。

・・・「P-90」とは、
プレイヤーのイメージを、最大限に表現してくれる、
とても音楽的で天晴れなピックアップなのであーる。

[2019-11-14 投稿]

Purple Color AC-30

先日のリハーサルで、
パープルカラーのVox AC-30を使用しました。
外装が違うのみで、
中身は通常のモノと同じようです。

自分が所有しているAC-30、
そしてBadCat ampも、
EL-84と呼ばれる真空管(パワー管)を
使用してます。大好きなTubeです。

Fender デラックスリヴァーブで使用している、
6V6というパワー管もVery Goodです。

真空管のお話でどうもすみません (*´ー`)ゞ

[2019-02-27 投稿]

Come Back White Falcon

このところ暫く電気系統の調子が悪かった、
ホワイトファルコンを修理に出してまして、
先日、完治して戻ってきました。

ホワイトファルコンは、
フルバンドのライブでは使いませんが、
ドラムレスのBarライブや、
小箱のショウケースライブ等では大活躍。

とにかく重たいエレキギターですが、
グレッチならではのサウンドの良さがあります。

毎月第2土曜日のイベント、
R&R Forever!で2月より復活します。
ご期待ください^^

[2019-01-27 投稿]

Hot Cake

instagram_hotcake_2018_1030

こちらのCrowther Audio「Hot Cake」は
ニュージランド産のオーヴァードライブ。
1976年頃に原型が出来ていたという、
とても歴史のあるO.Dなのです。

20年ほど前に手に入れて以来、
数年までメインドライバーとして君臨してました。

その後も、Hot Cakeを使用しながら、
気になるO.Dは入手して使ってきたが、
どれもHot Cakeの牙城を崩せず、
使用するアンプや楽曲によって切り替えてました。

数年前に、とあるO.Dに出逢い、
暫く両方を使用してましたが、
このところHot Cake様は、
サブボードに移転して頑張ってます。

いつでもどこでも、反応性は抜群で、
ピッキングのみでクリーンからクランチ〜リフまで、
思考をバッチリ伝えてくれる、
相も変わらず素敵な楽器なのである。

※オールドサーキット モデルです。
[2018-10-29 投稿]

 

Loic Le Pape Guitar【修理】

up_2262127

Loic Le Pape Guitar
Lesteel Paul Junior DCのVol&Toneポットが不調の為、
先日、浅草にある「浅草武工房」にて修理を依頼しました。

up_2262126

《Loic Le Pape Guitar》
南フランスにあるスティール製ギターの制作工房。
2009年頃に発注し、約1年ほどで完成&輸入。
当時は日本輸入第1号でしたが、現在はどうでしょう。

up_2262125

《症状》
各コントロールが不調の為、思い立って自分で、
Vol&Toneポットの交換作業をしてみたが、
作業途中にハンダゴテが壊れ、
パーツ分解のまま中断。ちーん。。。

up_2262124

《配線修理》
配線バラバラのまま「浅草武工房」に修理依頼。
Toneポット(リニアカーブ)をVolポットに移植し、
新たにToneポット(ヴィンテージカーブ)を
取付ける提案をして頂き、配線修理完了。
早急に対応して頂き感謝。

up_2262128

「浅草武工房」ホームページ等はこれからだそうです。
ギター修理&調整でお悩みの方は、
一度「浅草武工房」に相談してみたら如何でしょう。

Take, Thank you so much!
[2017-08-16 投稿]

Les Paul Standard 1990

up_2238783

先日のR&R Forever! スペシャルフェスで使用した、
ピンクのレスポールのお話です。

「どこのメーカーのギター?」
「色、塗り替えたのですか?」
「それ何色?パープル?ピンク?」等々、
多彩なご質問ありがとうございました。

正式名称は
「Gibson Les Paul Standard 1990 Limited Colors Edition」
無駄に長いタイトルですが、
1990年に米国で100本生産されたカラーらしいです。

up_2238782

JAPANでは未発売なので、全く知りませんでした。
米国帰りの方がショップに持込み、売却したものを、
偶然見つけてしまった次第です。

既に26年前の個体なのですが、
前オーナーは、ほとんど使用されなかったようです。
こんな色なので、流石に使い辛かったのであろう。

アンプセッティング等まだまだ改善の余地はありますが、
弾き倒していきますので、今後とも宜しくR&R ^^
[2016-10-22 投稿]