Heavy Soul

up_23354

ご存知モッドファーザー、ポール・ウェラーの4枚目。
最近良く聴きますが、凄いアルバムですね。
各楽器の音が、非常にリアルで素晴らしい。

特にスティーヴ・ホワイトのドラムの空気感は、
もろにジョン・ボーナム。
フィルインも似てたりして、ZEP好きはノックアウト。
ギターのトーンも絶妙であります。
箱モノ、ソリッドと違いが良く判ります。

楽曲によって、突然バスドラやタムタムの音を、極端に大きくしたり、
いきなりギターを前に出したりして、
バランス感を崩すところもカッコいい。
愛聴版には、歪なサウンドは必須です。
アルバムジャケットのロゴもGood! 気合いを感じます。

ヴォーカルの素晴らしさは言うまでもありません。
大人のロック。男のロック。渋さ全開。
これがモッドだ。
[2008-04-22 投稿]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中