ZEMAITIS Guitar

up_11433

ゼマティスのギターを、初めて見たのはフェイセス。
もちろん本物ではなく雑誌で。

ロン・ウッド&ロニー・レーンが使用していた。
何だか随分と高級感があり、おもちゃっぽくもあり、
凄いなと思いながらも、子供には良く判らなかった。

up_11434

なぜか浮世絵パンツ姿のロン。
このディスクフロントのコピー・モデルが、
当時のグレコから発売されていたが、凄くエクスペンシブ。

ゼマティスは、ロックンロール・ギタリスト以外、
使用しているのをあまり見かけた事がない。
アンペグのクリスタル・ギターも然り。

up_11435

同時期に見た、キースのドクロ5弦ゼマティスも、
かなりインパクトがあった。
弦を1本外す、なんて賢いギタリストだ。
それがやけにクールに感じた。
もう2〜3本外したらどうか、とも思った。
なにしろ子供ですから。

そしてオープンチューニングを知った。
製作者のトニー・ゼマティス氏は、
既に引退しているようですが、
まだまだ貴重で高価なギターである。

最近ではグレコ製の安価版(でも高い)が出ているが、
結構良いのでは、と思います。
日本製なので造りは確かだろうし、
悪ノリして、本家には見当たらない、フライングVもある。
しかも2種類。いいぞグレコ。このお調子者。
でもこのグレコ・ゼマティス、ちょっと欲しい。

2008年初春。時代は変われど、
ゼマティスはロックンロール・ギターであれと願う。
[2008-01-08 投稿]

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中