Atomic Swing Albums

アトミック・スウィング
ご存知スウェーデン産のR&Rバンドです。
北欧のブリティッシュ系バンドは、
Drum&Bassが強力なスタイルが多いと思いますが、
こちらも御多分に洩れず、
タイトなDrumとグルービーなBassが最高です。

Guitar&Vocalのニクラスは独特の歌い回しと、
スモーキーでクリアーに歪む音色のギターが素晴らしく、
また、60年代テイストのレトロなオルガンもGoodです。

当方の3rd Album
「Vintage Pie」レコーディングの時期には、
エレキギターのトーンに関して、
とても参考にさせていただきました(^^)

当時の情報で、彼はエレキギターに、
アコースティック用の弦を張って、
あのサウンドを出していると、
云われてたが、果して本当だろうか(๑˃̵ᴗ˂̵)

兎にも角にも、
新年度もよろしくお願いします!

[2021-04-01 投稿]

To Distant Eastern Lands

発掘シリーズ①
THE JAYPERS
「To Distant Eastern Lands」

2005年にリリースされた、
とあるオムニバスアルバムに収録された1曲です。
16年の時を経てMVが出来ました。
まさに現代の東方見聞ロック^^

旧作品で恐縮ですが、よろしければ是非、
ミュージックVIDEOをご視聴ください☆

[2021-02-17 投稿]

Voice Training

前回に引き続き、
サウンドプロデューサーS氏にご来訪いただき、
今回はヴォーカルのチェックをしていただきました。

前もって、
今回は地獄チェックするからね、と
言われてましたので、
気合いを入れて臨みました。
私めは伴奏担当ですが(笑)

本番で細部を気にせず躍動するために、
個人プラクティスでは、
面倒だと思われる事を、殊更丁寧にやります。
これはギターの練習でも同じです。

時間がかかる場合もありますが、
確実に身体に入ります。

次のステージが楽しみだ^^

Pic. by S.Kanako, Thank you!

[2020-11-25 投稿]

Plutoneium Chi-Wah-Wah

Plutoneium_Chi_Wah_Wah

このエフェクターはワウワウです。
通常のものよりもだいぶ小型ですが、
なかなかの優れものです。

VOX、THOMAS、MORLEY、BUDDAなどの
ワウワウを使用しましたが、
ここ10年ほどは、Chi-Wah-Wahを
良く使用しています。

通常の使い方も良いですが、
ペダルを途中で止めて、
トーンコントロールとして使用するもの
趣きが深いですね。

また、長い音符だけにかけるもの、
なかなかクールなサウンドになります。

先日のオンラインレコーディングでも
活躍した逸品です。

「The Bargain Planet (お買得な地球)」

ワウワウの使い方によって、
ギタリストのセンスと個性が出ますね。
ファイト一発!

[2020-06-20 投稿]

V-Drumes

v_drums_01

先日発表された、
初のオンラインRECによる新曲
「The Bargain Planet (お買得な地球)」

こちらのドラムRECには、
ドラマーHACHIの新兵器
Roland V-Drumesを使用しています

ドラムの音色やノリを変えて
3テイクを送ってくれましたが、
色々なサウンドが出てびっくりです
しかもどのトーンもかなり良い感じです
さすが日本のテクノロジー

LR、2mixでも、バスドラ〜金物まで、
上下のバランスも良く、
そのままでもCoolです

新型コロナ、緊急事態宣言がなければ、
出来なかったかもしれない
ピンチをチャンスな、
新曲、新兵器、レコーディングでした

[2020-05-29 投稿]

The Bargain Planet

オンラインRECにて、
ミュージックVIDEOが仕上がりました

THE JAYPERS
「The Bargain Planet (お買得な地球)」

オンラインでR&R、なんて、
罰が当たりそうな気がしてましたが、
自粛制限を受け、良い(?)機会なので、
今までと芸風が異なるナンバーを制作しました

楽曲&プロットを2時間ほどで構成して、
制作スピード重視でレコーディング

全く新しい曲なので、
音合わせもリハーサルも無く、
メンバーのイメージに任せて
パフォーマンスしてもらいました

関わって頂いた皆さん、どうもありがとう
よろしければ是非、ご視聴ください

[2020-05-20 投稿]